カートの中を見る マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

木材についての情報

唐木三大銘木

唐木(からき、とうぼく)は、シタン、コクタン、タガヤサン、ビャクダン、カリンなどの日本への輸入銘木全般の総称です。日本には中国から入ったため、「唐からきた木」という意味で「唐木」と総称されるようになりました。
このうち、紫檀(シタン)、黒檀(コクタン)、鉄刀木(タガヤサン)が唐木三大銘木といわれてます。


黒檀(コクタン)

黒檀は、カキノキ科カキノキ属の熱帯性常緑高木です。原産地はインド南部からスリランカで、ほかの熱帯地方にも植樹されていますが、あまり生育はよくありません。
材質は、緻密で極めて重く堅い木です。心材の部分は、黒くなっており、古くから細工用の木材として用いられ、家具や仏壇、仏具、建材、楽器、ブラシの柄などに使用されてきました。特にピアノの黒鍵・ヴァイオリンなど弦楽器の指板・カスタネット(打楽器)やチェスの駒などに用いられていましたが、乱伐が進んでいる上、生育が遅いため、現在ではかなり希少品になっています。

黒檀を使用した商品
名前入り箸
名前入り箸
名前入りストラップ
名前入りストラップ

紫檀(シタン)

紫檀は、マメ科の常緑広葉樹のうち、木材として利用することのできるツルサイカチ属およびシタン属の樹木の総称です。日本においては明確なルールがありませんが、本紫檀、手違い紫檀(チンチャン)、ローズウッドなどがシタンとして使用されています。
材質は、緻密で極めて重く堅い木です。材は、赤みを帯びた木肌で、赤褐色〜黒色の縞模様があり、色調はかなり変化に富んでいます。木理は交錯し、肌目もやや粗〜粗。重硬なため、乾燥・加工性にやや難があるが、美しい仕上がりが得られます。虫や菌に侵されにくく、耐朽性は極めて優れた銘木です。

紫檀を使用した商品
名前入り箸
名前入り箸
名前入りストラップ
名前入りストラップ

間伐材

現在、日本の人工林は、かつてない危機に陥っています。世界の森林は、過度な開発によって森林面積が減少していますが、日本ではまったく逆の「利用されないことによる危機」に陥っています。長期的な木材価格の低迷等により、林業を取り巻く情勢が厳しい中で、必要な整備が十分に行われておらず、昼なお暗く、ツル植物が密生するヤブに変わりつつあるのです。ヤブと化した森林では、生息する生物の種類も少なく、森林に期待される水を浄化する力、水を蓄える力、土壌を保持する力も低くなっていきます。つまり、森の力が弱まりつつあるのです。
現在、日本の森の状況に危機感を持つ多くの人びとが、間伐材を使った製品を開発、販売しています。日本の森林を守るために、都市部に生活する私たちにできることは、こうした製品を積極的に購入し、使うことなのです。

間伐材を使用した商品
ひのきメセージ時計
ひのきメッセージ時計
名前入りストラップ
名前入りストラップ

ページトップへ